2006年10月29日 (日)

ナマズ君

Photo_43 水上温泉の道の駅にある小さな水族館にいるナマズ君です。

といっても、日本のナマズとは違って、外国のナマズ君です。

なんの運命で、こんな片田舎の小さな水族館の小さな水槽に入って、みんなの見世物にならなきゃなんないんだ、って、しきりに訴えている声が私には聞こえました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

花子さん

Photo_42 千と千尋の神隠しに出てくる、千尋の両親ではありません(~_~;)

私の名前は花子です。と言っても吉本新喜劇の「花子」ではありません。あたりまえじゃーーー\(~o~)/

ミニ豚の花子です。よろしく。(*^。^*) 公園をのしのしと散歩しています。なんの愛想もありませんが、害があるわけでも、益があるわけでもありません。(*^。^*)

そんなんじゃ、からみようがないんですが・・・(~_~;) ねえ、なんか言ってよ、花子さん。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2006年10月24日 (火)

ウサギおいしい(~o~)

Photo_40 次男のひざの上で静かにしている子ウサギちゃんです(*^。^*)

♪うさぎ おいし かのやま♪

子供の頃、この歌の歌詞を間違えていて、

♪うさぎ おいしい(~o~) かのやま♪ (うさぎを食べたんだろうか?)

すっかり勘違いしていました。\(~o~)/

♪夕焼けこやけの赤とんぼ おわれてみたのは いつの日か♪

「おわれてみたのは」→「追われてみたのは」 (赤とんぼに追われた?おそってきたのか?)とずっと思っていたのですが、

実は、「負われて見たのは」→「(誰かに)背負われて(赤とんぼを)見たのは」 という意味であることを最近知りました\(~o~)/

| | コメント (7) | トラックバック (6)

2006年10月23日 (月)

つぶらな瞳

Photo_39 近くの公園にヤギがいます。かわいいヤギと見つめ合い(*^。^*)

つぶらな瞳、つぶらな瞳? つぶれた瞳!

ヤギさんの瞳は横につぶれているのでした。いったいどこを見ているのでしょう(~_~;)

鼻息が聞こえるくらい、接近してよーく観察しました。優しい目です。(*^。^*)

どうしてこんな瞳をしているのか、調べてみましたら、ヤギやウシなどの草食動物は肉食動物などの天敵から逃れるために横に良く視界が開けるようになっているとか・・・だてに横長じゃないんですね(^。^)

| | コメント (3) | トラックバック (4)