2006年10月 6日 (金)

イチゴ白書をもう一度

夜、雨に煙る国道を、急いでいる。雨粒が大きく、フロントガラスをたたいている。

対向車のヘッドライトがアスファルトに反射して、きらきらと目に入ってくる。目の前が光であふれた・・・

あの夜もそうだった。外は雨。アスファルトに流れる雨を速い車が轢いて走っていた。

いたたまれなくて、買ったばかりのトレンチコートを着て、雨の中、アスファルトに反射したヘッドライトに照らされて、好きだったあの子に告白しに行った・・・高3の秋

いつか、君と行った、映画がまたくる 授業抜け出して、二人で出掛けた・・・

あふれた光の中に、一瞬、走馬灯のように思い出が通り過ぎていった・・・

| | コメント (9) | トラックバック (2)